化粧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『化粧』は中島みゆきさんが桜田淳子さんに作った曲です。後に『お帰りなさい』という自分のアルバムで歌っています。
中島みゆきさん本人が歌うと凄い迫力の歌になっています。男性にフラれた女性の心情を心の奥から搾り出すように歌っています。

初めて聞いた時はびっくりしました。これは歌なのか?語りなのか?と思ったくらいです。
フラれた男に化粧をして見返してやりたいという女の恨みとも思える歌詞です。新しい彼女と一緒に私のことを笑いものにしているという嫉妬心もうまく表現されています。

そして中島みゆきさん特有の泣きの歌が聞けます。サビの~流れるな涙心でとまれ~バスが出るまで~のフレーズと歌い方は悲しみと恨みのこもった怨念のようにも聞こえます。
この曲をつくった中島みゆきさんが実際にこんな経験をしたのかどうかはわかりません。
経験は無くてもそれに近い経験をしていないと作れないような曲です。

桜田淳子さんが歌うのと、中島みゆきさんが歌うのでは曲が全く別物になります。
実際に私は桜田淳子さんと同世代ですから、この曲は聞いていると思います。でも印象が弱く記憶には残っていません。
私は男性ですが、男の私でも歌詞の重さがわかります。過去に女性にフラれた時に聞いて涙ぐんだこともあります。この歌詞のようなことを女性にした記憶もあります。
中島みゆきさんの曲は男と女の恋愛の裏側や本質を歌っています。特にこの『化粧』はそんな曲のナンバーワンです。
コチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。