別れた人に向けて歌った『ほうせんか』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あまり知られていない中島みゆきさんの曲『ほうせんか』です。

優しいメロディとは裏腹に歌詞は女の執念や恨みが込められています。

私が実際に2年付き合った人にふられて別れた時にこの曲を聞いて感動し涙が出ました。

『別れる人とわかっていれば初めから寄り付きはしないのに』のフレーズはまさにその通りです。出会い、付き合い始めは別れることすら思いつきません。

更に『後姿のあの人に幸せになれなんて祈れない。いつかさすらいに耐えかねて私を訪ねてきてよ』です。一方的に別れを告げられればこの心境でしょう。自分が辛い思いをしているのに、相手の幸せなんて願えません。よりを戻して欲しいくらいです。私も同感です。

このような歌詞を軽快なリズムに乗せて優しいメロディで歌い上げてゆきます。

正直何度聞いても自分のあの別れを思い出します。またあの人はどうなったんだろうということを考えます。

この中島みゆきさんの『ほうせんか』は1978年のシングル『おもいで河』とのカップリング曲でした。中島みゆきさん全盛の時代です。出す曲全てがヒットしていましたが、この『ほうせんか』のように表舞台に出なくても感動する曲があります。他のヒット曲よりずっといい曲だと思っています。

私と同様、ふられた失恋経験のある人にとっては『ほうせんか』は名曲です。また折れた心を癒してくれる応援歌にもなります。

インターネットで検索してもほとんど出てこない『ほうせんか』は大好きな曲です。

中古車の買取の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。